純正ほかRSワタナベ仕様も! ディティールに至るまで完璧な仕上がり。タミヤマスターワークコレクションに240ZGが登場

1/24 マスターワークコレクション(完成品) No.174 1/24 NISSAN フェアレディ 240ZG 完成品

       
タミヤが展開する完成品のプラモデルシリーズのマスターワークコレクションに、1/24スケールでマルーンのボディカラーのフェアレディ240ZGが登場する。
フェアレディ240ZGは、1971年11月に発売されたS30フェアレディZの国内専用の最上級グレード。

マスターワークコレクションは、タミヤの工作部隊がしっかりディテールアップしてキットを組み立てているのが特徴だ。
実車でオプション設定だったリアスポイラーも装着されており、リアルさが倍増。
エンジンルームではオレンジの鮮やかなエアクリーナーボックスなど、各部の入念な塗り分けが施されている。
ツインキャブレターやオイルパン、ミッションなども精密に再現されており、見応え充分だ。

エクステリアでもヘッドライトカバー、ウインドーモール、純正ホイールキャップにメッキパーツを使いメリハリが効いたスケールを超越する再現性を実現。
まさに完璧といえる仕上がりとなっている。
また、専用台座&ケース付きで、魅力をアップした1台だ。

発売日は2022年8月27日、価格は1万7380円(税込み)となっている。

また、同じキットをベースに、グランプリホワイトのボディカラーとし、当時のカスタムの定番とも言える、RSワタナベ製の8本スポークホイールを装着したストリートエディションも9月に発売を予定している。
価格は同じく1万7380円(税込み)だ。


1/24スケール、全長179mm、全幅71mm、全高53mmのプラスチックモデル完成品。



2.4L直列6気筒SOHCのL24型エンジン。補機類に至るまで精密に再現されている。



純正ホイール&ホイールキャップは、アウターにメッキパーツを採用し、メリハリの効いたルックスとなっている。


1/24 マスターワークコレクション(完成品) No.175 1/24 NISSAN フェアレディ 240ZG ストリートカスタム 完成品



当時のカスタムの定番、RSワタナベ製の8本スポークホイールを装着。現在でも装着車の多いホイールだ。

RECOMMENDED

RELATED

RANKING